FC2ブログ

毎日遅刻今日もオワタ\(^o^)/

ハンマーセッション!

hanmer.jpg

『ハンマーセッション!』(Hammer Session!)は、2006年50号から2009年2・3合併号まで『週刊少年マガジン』で連載されていた漫画作品。

主人公(本名・悠)は、医者・弁護士・国会議員などの高額所得者を狙い詐欺を働く第1級詐欺師。警察に逮捕され、長期刑特別刑務所である北関東刑務所へ収容されることになったが、護送車が事故に巻き込まれたことに便乗し、同乗していたクリスチャン(本名不詳)と逃走する。2人は逃亡先の中学校(光学園中等部)で偶然放火魔(蜂須賀悟郎)を取り押さえたが、彼は翌日から同校で教鞭を取る予定の教師であった。校長は、この不祥事を隠蔽する為、主人公を蜂須賀悟郎名義の教師として雇い、荒れた学校の再建を託す。

Wikipediaより引用。
↓以下、ネタバレを含むレビューです。
★★★★☆

5点満点中

4点をつけました。

話の内容はwikipediaに載ってたのが全てです。

「人の心を掴むプロである詐欺師が、ひょんなことから教師になって、問題児たちを改心させちゃうよー」

で、この漫画については説明できます。
基本的に最後までこのパターンです。

ちなみに、タイトルの「ハンマーセッション」とは、脳天に衝撃与えちゃう授業という意味です。
ハンマーセッションで生徒達が改心していくお話ですね。

しかし、いくらなんでも無理があるんじゃないか?
と思うハンマーセッションが多くあり、これで本当に改心するのか疑問でした。
ハンマーセッションされた生徒、コロっと変わり過ぎだろう^^;

まあ、解決しなければ漫画にならないのですが。

最終話の流れは結構好きで、生徒が悪い事しないように、生徒に自分が逮捕される瞬間を見せつけたのはいいなぁと思います。けどやっぱり無理やり納得させられた感が強いですが。

細かいところで気になったのは、新しい校長先生。
新校長のせいで、警察に詐欺師が教師してるってバレたのに、開き直ったような笑顔で
「君は惜しい。どこかで教師を続けるんだ」
とか言っちゃってるのはなんとなく腹が立ちます。

絵柄は結構個性的。
作画崩壊っぽいのもたまに見られるけど、これも個性なのか。
この人は、ニヤニヤしてる表情描くのが上手いと思いました。なんかつられて同じ表情してしまいしそうです。

話が縦にも横にもあまり広がらないので、ヒマつぶしとかに気軽に読める作品です。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント


毎回違う内容だったり続いてたりしてるけど
1話完結作品としても見れるよね
【2009/04/01 16:10】 URL | ヒまじん #- [ 編集]


考えてみたら少年マンガでそういうのって少ないですよねー
【2009/04/07 20:25】 URL | DEMK #j7kPgX2Q [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://demk.blog85.fc2.com/tb.php/348-457e2a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

DJ米粒

Author:DJ米粒
IIDXID【4207-3980】



カウンター高速バスフットサル場

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索